不動産事業部
Real Estate Division
テナントビル改修工事
築40年以上経過し、漏水・湧水が多く見られた空きテナントビル改修工事
経年劣化が激しく全体的に防水対策ができておらず、長年にわたる漏水を放置した結果予想しない個所からの漏水が多く見られ、屋上外壁からの漏水が激しく、各階室内改装前に屋上・外壁・躯体の漏水対応処理と排水管の整備を優先的に行わなければと考え事前調査をしました。

結果、本物件は、築40年以上を経過した建物でしたが、設備以外の躯体部分は補修すれば十分耐えられるだけの建物であるため、室内内装及び設備交換以外を除いて建物本体の補修と漏水対応の工事が中心の補修工事としました。

工事期間は、天候に大きく左右され雨天後は2~3日ほど時間を空けての建物への雨の浸透が排出される乾燥期間を見ながらの工事で、天気と時間の調整に苦労しました。
建物施工
1.屋内残置物を撤去(一部解体後撤去)した後、屋上補修工事に入るため、建物外回りに足場を組み上げ、飛散防止のネットを張りました。
2.防犯を考え、駐車場入り口2か所に新規シャッターを取り付け、更に警備会社による、インターフォン・防犯カメラ等取り付けました。
Before
B建物横1
B建物横2
B建物前1
B建物前2
B建物前3
施工中
C建物横1
C建物横2
C建物前1
C建物前2
C建物前3
After
DSC_0399
DSC_0400
DSC_0404
DSC_0407
DSC_0403
駐車場天井施工
1.駐車場天井には劣化した建物排水管が設置していましたので、排管状況を調査しその結果一部交換を行い、照明器具交換及び電気配管を組み直し、天井・床(樹脂系塗料)塗装を行い仕上げました。
B駐車場1
Before
DSC_0410
After
屋上施工
屋上周り(躯体部分)及び屋上面の防水シート破れ又は簡易建築物撤去後の穴・シート破れ・残地ガラ等が多く見られ、全体的な漏水の大きな原因を確認しました。残置物は撤去し、屋上床下地面・躯体部分に関してはモルタル等で補修を行いました。その後洗浄後、防水シートを張りました。特に笠木部分には防水加工をしっかりと行いました。仕上げとして、防水シート処理後ゴム系の塗料にて仕上げました。
Before
After
B屋上1
B屋上2
DSC_0416
DSC_0414